【初めてのMac】Windowsとの違いと購入したMacのスペック公開

Operating System Not Found

今まで使っていたVAIOが突然ブルー画面となりました。

もう何をしてもダメ。

いろいろと対応した結果、SSDの片方が認識できなくなったためのエラーということが判明。

VAIOのシステムサポートに連絡したところ、私が使っているモデルのSSDは生産中止というこでもうどうしようもなく買い換えることにしました。

 

Mac Book Air 256SSD Intel Core i5 16GB

選んだPCはMac Book Air!

ちなみに標準のMac book airをカスタマイズしてるので届くのに1週間くらいかかりました。待ち通しかった!

なぜこのPCにしたかを参考までに!

Windows or Mac

最初に誰しもが悩むのはOSはどうするかですよね。
大体悩むのはWindowsかMacの2種類じゃないでしょうか。

Windows

Microsoft社が開発したOS。

Mac

Apple社が開発したパソコンのことで、OSはmacOS。

Macに憧れる

私は15年以上WindowsユーザーだったのですがMacに憧れていました。
スタバでMac!
コワーキングスペースでMac!
youtuberはみんなMac!
(どれもミーハーなだけ)
でも・・・
種類は?
有名なのは?
対応しているソフトは?
操作性は?
デザインは?
etc…
こんな初歩的なことも初めてのOSになると全然知識がないので不安ですよね。
ちょっとかっこいいからって買ってネットと動画を見るだけになっている人も多いです。
価格にも違いがあるので機能を使わないならいろんなメーカーから出ているWindowsの方が向いていることもあります。
高い買い物なのでしっかり考えて購入しないと後悔します!

WindowsとMacの大まかな違いをまとめてみます。

内容WindowsMac
PC本体の種類いろんなメーカーで製造されているPCにOSが入っているApple社のみ
世界シェアNo.1Windowsには及ばない
ソフトウェアビジネスで使われるようなソフトはWindowsの方が多い互換性の少ない代用品などでカバーする
Office良く使われるWord 、Excel、Power pointなど対応しているWindowsのOfficeで作られた資料を見るには有料のソフトを購入する

(Microsoft Office for Mac ¥23,800)

操作性主にマウスを使用して操作トラックパットを使用して操作
バックアップ個別で別の媒体(外付けSSD/HDDなど)に自分でバックアップを取るiCloud Driveに保存
ウイルス対策必須必要ない→必要になってきている

 

Windowsは世界シェアNo.1ということもありビジネスなどたくさんの人、会社間のでやり取りすることに向いています。

Macは資料を作ったりすることには正直向いていません。ただ、Mac製品間、関連製品(iPhone等)のデータのやり取りはAirDropなどを使用するととてもスムーズです。

デザインはWindowsはいろいろなメーカーから出ているので種類が豊富なのに比べてMacはとてもシンプルです。

デザインは好みです。すぐに買い換えるものではないので自分が持っていて大切にできるものを選びましょう。

決めてはiCloud

今回は私は突然PCが起動しなくなり、バックアップも取らずに過ごしていたので必要なデータが引き出せなくなりました。

それを考えるとiCloudの機能はとても安心です。

ウイルス対策

ウイルスに関してはWindowsは必須、Macは安心というイメージでしたが最近はウイルスの種類も増えMacにもウイルス対策ソフトを入れる必要が出てきました。

おすすめのウイルスソフト

 

 

Mac ノートパソコンの種類

Macのノートパソコンの種類と主なスペックです。

機種サイズ選べるオプション
MacBook Air

Retinaディスプレイ

(とても綺麗って意味)

13.3インチプロセッサ

1.6GHz dual-core Intel Core i5

メモリ

・8GB

・16GB(+¥22,000)

ストレージ

・128GB

・256GB(+¥20,000)

・512GB(+¥42,000)

・1TB(+¥64,000)

MacBook Pro

Retinaディスプレイ

13.3インチ

2つのThunderbolt

プロセッサ

・1.4GHz quad-core IntelCore i5

・1.4GHz quad-core IntelCore i7(+¥64,000)

メモリ

・8GB(標準)

・16GB(+¥22,000)

ストレージ

・128GB

・256GB(+¥20,000)

・512GB(+¥42,000)

・1TB(+¥64,000)

・2TB(+¥108,000)

13.3インチ
4つのThunderboltTouch Bar
プロセッサ

・2.4GHz quad-core IntelCore i5

・2.4GHz quad-core IntelCore i7(+¥33,000)

メモリ

・8GB(標準)

・16GB(+¥22,000)

ストレージ

・256GB

・512GB(+¥22,000)

・1TB(+¥44,000)

・2TB(+¥88,000)

16インチ

4つのThunderbolt

Touch Bar

プロセッサ

・第9世代 2.6GHz 6コアIntel Core i7

・第9世代2.3GHz 8コアIntel Core i9

(+¥22,000)

メモリ

・16GB

・32GB(+¥44,000)

・64GB(+¥88,000)

ストレージ

・512GB

・1TB(+¥22,000)

・2TB(+¥66,000)

・4TB(+¥132,000)

・8TB(+¥264,000)

 

用途別 選ぶならこのMac

カスタマイズを考え出すと迷い過ぎて購入できません。

しっかり考えることと無駄に悩むことは別です。

迷って購入できずにいるならこの順番で考えて下さい。

1.ノートパソコンかデスクトップか

今はノマドという働き方が増えています。会社でも出社することが普通ではなくコワーキングスペースで働くというスタイルも増えています。

フリーランスも増えいろいろなスタイルで仕事ができるようになりました。

そこで自分はどのスタイルでパソコンを必要としているのかを考えます。

作業する場所別ノートパソコン・デスクトップ
デスクトップが向いているノートパソコンが向いている
自宅以外で作業をすることはないノマドで作業する
自宅にデスクトップを置けるスペースがある自宅にデスクトップを置ける場所はない/置きたくない
動画編集したい(MacBookAirでも可能)動画編集はしない
ストレージを2TB以上欲しいストレージは256GBあれば満足
小さい画面は使いたくない画面の大きさには拘らない

これだけでは決めることができません。

自分の中で大まかにデスクトップかノートパソコンかを漠然とイメージして下さい。

2.ストレージを決める

ストレージを決めましょう。

ストレージとはHDまたはSSDのことです。Macは全てSSDとなります。

将来的にWindowsも入れたいなとか考えているな256GB以上を選択して下さい。

バックアップはiCloudDriveに入るのでアプリやソフトを入れることがほとんどないなら128GBでも問題ありませんが、少しでも可能性があるなら256GBを選択することをお勧めします

512GB以上欲しい人はMacBookAirではなくMacBoolProまたはMac(デスクトップ)を検討して下さい。

大は小を兼ねるという諺があるようにストレージが大きいに越したことはありません。

問題は追加料金があることです。ストレージによって追加料金が変わってきます。

予算と相談して下さい。

2.動画を編集するのかしないのか決める

今は動画編集ソフトもたくさん出ています。昔に比べ簡単に動画編集ができるようになりました。

動画編集ソフトにも記載はありますがプロセッサ、メモリはどのくらい必要なのか考えると大抵はIntelCore i7は必要です。

IntelCorei7が必要ならMacBookProまたはMac(デスクトップ)を選択して下さい。

 

充実のサポート

購入するMacは決まりましたか?
次に悩むのはどこで購入するかということです。
  • 量販店(ヤマダ電機、K’s電気、ビックカメラなど)
  • ネットショップ
  • Apple Store

大まかにこの3つの購入場所があります。

標準装備のMacなら量販店、ネットショップでも購入することができます。

標準装備とはオプションでスペックを変えない場合です。

ノートPCの場合はMac ノートパソコンの種類追加料金なしをチェックして下さい。

※メルカリなどの中古販売を除く

他にも疑問が少しでも残っているならApple Storeのサポートを受けならが購入することをおすすめします。

Apple Storeのサポート

自分の使いたい用途と本当に選んだMacが合っているのかをしっかり確認して購入できます。

質問には全てしっかり対応してくれるので量販店でなんとなく購入するよりは初めてのMacはApple Storeがおすすめです。

同時購入したい付属アクセサリーなども一緒に購入することができます。
購入した方が良いと思う付属品
  • USB-C-USBアダプタ(¥1,800)
  • Microsoft Office (¥23,800)
  • AppleCare+for MacBook/MacBookAir(¥23,800)

だいたいWindowsのPCにはUSBが付いていると思いますがMacにはUSB-Cしかついていません。

USBを使うなら変換アダプタが必要になります。

iPhoneはLightningケーブルですがMacはUSB-Cなので注意して下さい。

でも、iPhoneをMacに繋いでも充電くらいしか意味がないですけどね!

大抵のことはAirDropでできます。

Mac Book Air 256SSD Intel Core i5 16GB

PC購入に迷った私が購入したのは

Mac Book Air 256SSD Intel Core i5 16GB

です。

今のところとても満足しています。もし、こうすれば良かったという反省が出てきたらその都度追記していきます。

これからMacを購入しようと思っている方の参考になれば嬉しいです!